ローカルから美容を考える。

ローカルから美容を考える。

美容ディーラー・株式会社アサヒの新しい取り組み。根幹は、地方都市からの 「美しい女性像」 の創造です。この取り組みは、数多くの女性に接している、美容師の皆さんと共に創っていきます。

生き方も、美容のあり方も大きく変わっていく時代。だからこそ、改めて、基本に立ち返り、美容師の皆さんと共に考え、 創り、 発信していきます。

それぞれの世代の美しさを。

それぞれの世代の美しさを。

流れる歳月と共に、人が求める「美しさ」は変わっていきます。アサヒデザイン会議では、それぞれの世代の美しさのあり方を考え、目に見える形で提案していきます。

10代、20代には、カラーやパーマ、ファッションを能動的に楽しんで「新しい自分」への欲求を後押しする提案を。30代、40代には、キャリアUP、結婚や子育て、ファーストグレー。そんな「変化の重なる世代」に向けた美しさへのアプローチを。50代以上の、子育ても仕事もひと段落した世代には、自分への投資に向けて 「ポジティブな気分」 をデザインする提案をしてきます。

オウンドメディアで発信。

オウンドメディアで発信。

アサヒデザイン会議は、地域と世代を超えて「美しさ」について考える美容師たちの研究機関。新潟・長岡・上越・北陸・長野を拠点に活動するリアルサロンワーカーの皆さん、それぞれが考える、その地域での「美容のカタチ」を視覚化し、また自らの言葉で発信していきます。

今の時代に則した表現(SNS、動画コンテンツ)を活用し、それらが特設サイトに格納され続けます。3年、5年と蓄積されることで厚みを増すアーカイブから「美しさの本質」が浮き彫りになっていく、と私たちは考えています。

すべての世代の美しさを考える

一般層へのアピールも。

不特定多数の人達、しかも幅広い世代が行き交う場所に、これらのビジュアルを発表し、一般層に「美しさについて考える機会」を投げかけます。

1日に数千人の人達が行き交う公共交通機関、美容やファッションに対して能動的な人達が集まるファッションビルや郊外型ショッピングモール、電車や街頭のデジタルサイネージなど多くの人達の目に触れる場所で、それぞれの場所に合わせた表現方法で、アサヒデザイン会議の考える美しさを伝えていきます。